top of page

-Tanzanite-
タンザナイトのジュエリー

【タンザナイト<Tanzanite>】

タンザナイトの和名は黝簾石・ゆうれんせき。12月の誕生石。

主な産地はタンザニア メレラニ鉱山のみ

モース硬度は6.5〜7

タンザナイトの宝石言葉:誇り高き人物・高貴・知性・冷静・希望・神秘

 

タンザナイトはインディゴ系のバイオレットが美しい透明な石です。タンザニアの夜空に似ていることから名付けの由来のひとつになりました。インクルージョンが多い石で斑点のような様々な色の微結晶、細かな粒子が集まった細かい針状の結晶、他の鉱物の枝結晶などにより曇りが生じます。タンザナイトが初めて発見されたのは1967年でかなり新しい石です。名付け親はティファニー社の当時の社長ブラット氏です。タンザニアの一地域でしか採掘されません。正式名称を「ブルーゾイサイト」といいます。産出量が減少に転じ、代わりの産地が見つかる可能性が薄いことからこの石の希少性と価値評価は高まっています。モース硬度は6.5〜7。多色性のある石です。

 

<タンザナイトの取り扱い>

タンザナイトは完全な劈開があり比較的柔らかく脆く欠けやすいので、衝撃などには注意が必要です。また、熱のダメージにより色が変わったり曇りが出たりすることもあるのでスチーム洗浄や超音波洗浄は避けてください。サイズ直しなどの際の熱加工にも注意が必要です。